So-net無料ブログ作成

レッスン153 [Vn]

やっぱり無茶しすぎ。レッスン前日は翌日の分も仕事しないといけないため帰りが遅くなる。でも前日の練習は絶対ということで無理すると寝不足になる。
昼休みにNHKラジオから久しぶりに桑島法子さん声が聞けてちょっとびっくり。昔はこの人のラジオよく聞いていたなと思い出して気分もリフレッシュ。午後から頑張るかと思ったけど、身体が全くいうことをきかず、全然仕事にならなかった。そんな日。

今日は6日ぶり。土日にしっかりやる時間はあまりなかったが、日曜の晩と月曜の晩はみっちり。それでも全然良くならない音程。音程の精度を上げるのは無理とは言いたくないが、きわめて難しいです。


今日も弓の持ち方言われました。未だに良く分かりません。でもちゃんと見てくれるのようなので任せていいかな。今とは違って、細かく指導してくれるようになった。
そして今日も、弓のそんな下の方を持つ人いないよねとの衝撃の一言。さも当然のように。これだと身動き取れなくて弾きにくいよねとのこと。なるべく端の方、特に小指は端の方に置くようにしてました。違っていたのね。返す言葉もないですよ。

最近こんなのばっかり。思う事は多々あるが、少しずつだけど、返しでそこそこスムーズに音が鳴るようになってきた。弓の使い方が前よりは良くなってきた気がする。その辺は非常に感謝します。出来れば変な癖がつく前に正しい方向へ誘導して欲しかったな。

そんな感じで、最近は曲を見てもらう以上に開放絃とか音階の方が得ること非常に多いです。


曲は相変わらずヴィヴァルディのイ短調3楽章。
最初に一通り弾いて、音程直すところとか弾き方についていくつか指摘。
音程はどうにかしてくることと、速い部分をポルタメントにして繋がないでとのこと。非常に分かってます。速くなると指の方がついて来れなくなって、音出してからずらすといったことが多くなる。指を置いてからつい動かしてしまう。これは自分でも散々わかっているけどなかなか直せない。

音が繋がってしまうところ、全部ポジション移動のところ。要するに、肩から動かずに指から動くからこういったことになっているはず。肩と肘の向き、持ち方、その辺をしっかり見直して練習しないとダメだろう。実際にはもっと要因がありそうだな。


レは♯でラはナチュラル。分かっているけどできません。で、色々言われると自分の認識が間違っているのではと不安になって他の音まで分からなくなる。そうなると泥沼。自信がなくなって自分でも何弾いているか分からなくなる。完全に見失う。
修正したつもりでも直しきれてないことが多い。そこで焦るから崩壊する。落ち着いてしっかり楽譜見てゆっくり弾けばできるはず。それだけの練習はしているはず。ごちゃごちゃ言われても動じない精神力が欲しいです。

分かったことは、レ♯の音が全然に身体にしみ込んでない。この音に関しては指摘されてもどれが正しい音なのかがすぐには分からなかった。だから何回言われても結局分かりませんでした。このフレーズ、いくらやってもしっくりこないと思っていたけど、レ♯がずれるから相対的に他の音もずれやすくなるのだな。レ♯が安定してなかったからだ。原因がやっとわかった。音程がずれるのは何か原因がある。そこをしっかり認識してつぶさないといつまで経っても直せない。


先週まで高めにずれると散々言われたので低めの意識でやったら低かった。はあ、この辺の加減が上手にできるようになりたいです。きっと来週はまた高めにずれるのだろうな。



分かったこともいくつか。E線のソ♯を確認するときはA線のラとあわせてから隣に指を置くとわかるとのこと。当然のようにいっていたけど、自分は下からフォ、ソと弾いてソ♯取ってました。確かに考えたら気付きそうだけど、気付かなかった。教えていただかないとこういった基本的なことすら分かりません。


音程綺麗にしたらOKだから音程しっかりやってきてとか。音程はレッスン中に修正なんて無理です。音程の指摘のみだったら30分で十分かな。結局は音程何とかしてきてという結論だが、それなりに収穫は大きかったで満足。



そんな状態だが、次回はCDとあわせてきてとか。現時点でこのレベルだと無茶ありすぎな気がする。CDだと2分45秒。自分がちょっと早いペースで弾いても4分近くかかる。大丈夫かな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

相変わらずな生活七夕とぼく ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます